新米看護師の思い

私は今春看護学校を卒業したばかりの新米看護師です。そんな私が実習先で出会った信じられない看護師さんについて書きたいと思います。この方は学生嫌いで有名な病棟のフロア主任で先輩からも要注意人物として聞いていました。

実習2日目、まだまだ緊張しっぱなしの私が担当患者さんの環境整備をしていたときのことです。落薬があり、看護師さんへ報告しなくてはなりませんでした。申し送り中のナースステーション内は大変ピリピリしており、学校の先生に申し送り後に報告してもいいかと聞くも薬のことだからなるべく早くと言われ、嫌だなと思いながらも報告しました。

主任さんに気づかれないよう、主任さんから1番遠い看護師さんに報告すると「あ、ありがとね」と苦笑いを浮かべながら受け取ってくださいました。すると主任さんは一部始終を見ていたのか「忙しいときに飲み忘れても死にゃあせんような薬拾わんでええんよ」と小声で言われました。私は衝撃を受けました。

疾患を治すための薬を死ななかったら飲まなくていいのか?この人は何を言っているのだろうかとパニックになりました。学生が嫌いなのはわかりますが、患者さんは関係ないはずです。こんな看護師には絶対になりたくないと思いました。この体験を反面教師とし誰からも愛される看護師になりたいと思います。