看護師の仕事と転職

看護師のイメージ

私は現役看護師です。看護師と聞くと、一番最初に浮かぶイメージは「白衣の天使」ではないでしょうか?私も初めはそうでした。自分が体調を崩して病院に行ったとき、優しく接してくれる看護師さんに出会うたび「白衣の天使とはまさにこのこと」と思っていました。

しかし、現実は天使だけではやってられないということに気付かされたのです…

看護師を目指し私は専門学校に入学しました。医学にはもともと興味があったし、授業や校内実習はわりと苦痛なくこなしていました。きついのは臨床実習です。実際の患者さんを相手にするということは、もちろん教科書通りには行きません。患者さんそれぞれの性格もありますし、技術と同じくらいコミュニケーションも大事だと痛感しました。先輩看護師さんはみんなとても丁寧に患者さんに向き合っていて、とても尊敬しました。

そして、晴れて一看護師として入職しました。そこで目の当たりにしたのは、実習では見られなかった看護師の裏の顔のようなものです。もちろん表向きは患者さんに対しいい顔をしています。実際にナースステーションや休憩室に入ると患者さんの悪口や、スタッフの悪口など、「白衣の天使」とは程遠い人たちがいるのです。なかには患者さんに対しても素っ気なかったり、愛想の悪い看護師もいます。

看護師のイメージをぶち壊すようなことを言いましたが、結局看護師も人間です。嫌なこともあるだろうし、ストレスが爆発することもあります。イメージ通りなんて難しいことですよね。

パートを利用した転職

看護師をしています。資格がある中でも求人は多い分野になるので仕事先探しは容易にできます。その代わりに直ぐ辞めたくなるよな病院も多数存在します。

初めて就職したのは総合病院でした。離職を希望してから実際に辞める事が出来るまでに10カ月近く要しました。正直人生の時間を無駄にしているのではないかと感じました。そこで初めての転職の時には就職を慎重にしようと考えました。

とった方法は始めはパートの形で入職しました。そこでの働き方や人間関係、仕事の内容が納得出来れば正社員になろうと思ったのです。アドバイスしてくれたのは看護師専門転職エージェントです。当時それ程メジャーではありませんでしたが、口コミでナースフルの評判が良かったので色々と相談させて貰いました。

結果、この転職方法は成功でした。1か月間パートで働いてみるとスタッフの関係や休みの取りやすさ等を見る事が出来ます。そのまま就職すると辞めたくても辞めにくい状況があります。パートならまだ、正社員よりも辞め易い感じでした。結局一か所目で就職する事になりましたが、お陰で5年間も勤務する事が出来ています。

今後もこのクリニックで働いて行くつもりです。面接では中身まで見る事はできません。実際に働いてみないとそのクリニックの中は見える事が出来ません。なのでこの方法をとって良かったと思っています。転職は成功したと思っています。

産婦人科の看護師

私は健康体なので全く入院等はする事なく過ごしてきました。そんな私がお世話になったのは産婦人科の看護師さんです。子どもを産んだ時に入院する事になりました。

そこの看護師さんは子どもを取り上げたのは数回目の様でした。医師と先輩看護師さんと一生懸命に私に声を掛けたり、子供の様子を気にしたりしながら仕事をしてくれました。私は出産が初めてです。痛みに弱く、正直出産は本当に辛いものでした。

それでも子宮が開くまでの間付きっきりで病室にいては腰のマッサージをしてくれました。私は全く腰が痛くなるタイプでは無かったので、あまり意味をなさなかったのですが彼女が一生懸命寄り添ってくれているのが分かっていたので大変嬉しい気持でした。ベテランの看護師さんになると的確に、本当の事を言ってしてくれます。

あまり年月を重ねていないとやはり自信がないのかどこかおどおどしている様子も感じてしまいます。私にとってはそんな新人さんの頑張りが励みになりました。いわば私も母親は新人です。同じ様な気持ちで立ち向かって来てくれたのが嬉しい限りでした。

その後、数年経って同じクリニックで再度入院しました。その時にはやや貫禄も出てきた印象を受けました。

看護師と看護学生のギャップ

看護師としての臨床経験が3年ほどある元看護師で、現在は専業主婦をしています。今考えてみると看護学生の頃の大変さと実際に看護師になってからの大変さは全く別物だったなと感じています。看護学生の頃は、最も大変なのは実習でした。

一人の患者さんを受け持ち、全体像を分析し、必要な看護計画を立て、工夫しながらケアをします。16時までの実習で自宅で1人の人に対して考える時間がたっぷりあります。そのため、じっくり考え・工夫してケアをし、記録作成をすることができました。

不慣れなため大変さはあるものの、実習やその基礎となる講義は私はやりがいが感じられる時間でした。自慢になってしまうのを恐れずに言うと、学生時代は教員や同級生から優秀という評価を受け、卒業式には学生代表で卒業証書を受け取りました。

しかし、実際に看護師になると約1年で体調を崩し始め、2年立つ頃にはうつ病になった心身共にボロボロでした。看護師に求められるのは何よりも要量の良さだと思います。完璧を求めず、適度なところで手を抜き(良い意味です)、気持ちも抜きながら仕事に向き合える人が向いています。

家に帰っても、休みの日でも仕事や患者さんのことを考えている人は身が持ちません。特に急性期系の病棟ではサバサバタイプの看護師が生き残っているような印象でした。そのため、これから看護師を目指す人には、是非自己分析をしっかりしてから就職先を選択するように言いたいです。

おっとりした人、完璧主義な人、生真面目な人はあまり看護師には向かないかもしれません。こういった人は今からでも可能な範囲で方向転換するのも、一つしかない自分を大切にする方法だと思います。

看護師にあこがれて

看護師になりたいのと言った姪っ子。私としては 看護婦と看護師の違いも分からず ありきたりな将来の夢と聞き流していましたが いざ職業選択の時期に看護学校を狙っているけど数学の点数が…見ているだけしか出来ませんでしたが かなりの努力をした様でした。

多いとは言えない新入生でも年上がいたり色々な職業の人がいたり様々な人がいて勉強以上にためになる会話が出来たらしく 仕事をやめてまで看護師を目指す人がいるんだと だから頑張ると言ってました。試験で赤点取った~ 先生に怒られた~ 実習が上手く行かない~ 泣き言の愚痴を随分と聞きましたが 3年間 と国家試験まで 頑張れた様です。

頭でっかちにはなるなと担当者から言われたと 姪っ子の顔がやけに大人びていたのでなんだろうと思っていたら 勉強で詰め混むのも大事だけど 対人間なんだから 経験を積みなさい って言われた との事でした。

実習中に認知症の患者さんから怒鳴られ泣いてしまったり 子供相手に手をこまねいてみたり 薬を嫌か りだだをこねられたり 今も夜勤では呼び出しが多くて 対応しきれなく休憩が取れないだの 人数もぎりぎりみたいですが 結婚しても仕事は辞めないと言う位 看護師の仕事を好きらしいです。